今年の夏におすすめ!楽しい気分を演出する白ワイン3本

美味しいお酒を楽しむコツは、季節に合ったお酒を選ぶことです。日本には春夏秋冬と、さまざまな季節があり、それぞれの季節にピッタリなお酒を選ぶことにより、よりその時間を楽しむことができます。

さて、そんなさまざままな季節のなかでも、特に夏が好きという方も多いはずです。今回、ここでは今年の夏にぴったりな白ワインを3つ紹介します。

太陽の光がガンガン照りつける日本の夏だから楽しみたい、爽快&フレッシュな白ワインたちです。早速いってみましょう。

ヴィーニョヴェルデ

今、日本で注目されている白ワインといえば、間違いなくポルトガルの「ヴィーニョベルデ」という白ワイン。緑のワインという意味を持つこのワインは、とにかくシャープな酸を大切にしたフレッシュな味わいです。

私たち日本人は夏であっても魚介類を沢山食べますが、実はポルトガルは魚介類の宝庫であり、我々と同様に魚食いの国でもあります。 このテラスドミーニョが生み出すヴィーニョヴェルデも、魚料理に合わせやすいようなフレッシュな酸があるため、カルパッチョや生ガキにもピッタリ合うのでおすすめです。

このワインの特徴は、ヴィーニョヴェルデでありながらも、香りがとても華やかであることです。 シャープな中に花のアロマを持ち、さらに10.5%という低めのアルコールなので女性が飲みやすい1本となっています。ヴィーニョヴェルデは今後、日本の夏に無くてはならない、マストバイな1本になるはずです。

 

サンタ・アナ クラシック トロンテス

アルゼンチンの北部で造られている白ブドウ品種「トロンテス」。サンタ・アナ クラシックトロンテスは、その伝統の品種で造られた、非常にフルーティーで爽やかな1本です。

夏場にはスッキリとドライなお酒を楽しみたいところですが、いかんせんシャープ過ぎて味気ない…という、そんな意見もちらほら聞かれます。 そういった不満を持っている方は、アルゼンチン産のトロンテスをお試しください。この品種の魅力は、なんといってもその香りです。

マスカット、白桃、アプリコットといった甘みのある香りなので、ワインに慣れていない女性にも必ず喜ばれます。 甘タレを使った肉料理などにも合いやすく、海辺でのバーベキューのお供になんて特に最高です。甘みを多少感じるので、キンキンに冷やしてがぶ飲みワインとして利用していただきたいですね。

カプリース・ド・クレモンティーヌブラン

カプリース・ド・クレモンティーヌブランは、世界的観光地である南仏のプロヴァンスにあるラ・ロンド・レ・モールで造られた白ワインです。

日本で思いっきり夏を楽しむのであれば、世界中の人びとが集まる夏のリーゾト地のワインを使うのは鉄則です。 シャトー レ ヴァロンティーンという名門のワイナリーが造るこのワインは、ロルといった珍しい品種を主体に、ユニブランとアッサンブラージュしています。

温暖な地域ならではのトロピカルフルーツ、パイナップル、ミントの香りを放つ、華やかな一本です。 ユニブランは酸がしっかりしているので、甘ったるくはなく、しっかりと口の中を引き締めてくれる仕上がりとなっています。

そのため、魚介のカルパッチョやアクアパッツァ、魚介たっぷりのパエリエには最高の相性を発揮します。どことなく、塩味も感じさせるのでフレッシュな印象もあり、ワイン通でも納得のフィニッシュを楽しめます。現地でも夏場ガンガン消費されている1本ですので、間違いはありません。

魚介にも合わせやすいフレッシュな白を!

夏場を盛り上げる白ワインを選ぶのであれば、繊細さも大切ですが、軽やかでフレッシュなワインがおすすめです。日本の夏は肉類だけではなく、魚介も人気です。キンキンに冷やせて魚介にも合う、カジュアルで高品質な白ワインで乾杯しましょう。

20代の夏|ビーチやバーベキューにおすすめなお酒4選

1年のなかで、一番夏が好きという方は少なくは無いかもしれません。特に、20代ともなればまだまだ勢いがあり、この季節に日常を忘れて思いっきり楽しみたいという方は多いでしょう。

さて、そんな夏の思い出作りをするのであれば、ビーチやバーベキューというシチュエーションが選ばれることが多いようです。

そこにお酒は欠かせないアイテムですが、ありきたりのお酒をチョイスするのでは、あまりにも芸がありません。今回、ここではデキる人に思われる、20代におすすめのお酒を紹介しましょう。ぜひ、参考にしてみくてださい。

エナジーアルコール・スパサ

一番初めにご紹介するのは、おしゃれな20代に今大人気のお酒エナジードリンクのお酒です。程よく酔えてかっこよく決まるエナジーアルコール飲料はいかがでしょうか?

夏のアウトドアでは大勢の方が集まることも多く、人それぞれの好みに合わせるのは難しいです。そして、お酒があまり飲めないなんて方も、、、それでも間違いないのがこのお酒です。

バーベキューの肉感にはぴったりで、お酒としてもカルピスや焼酎と割って飲んでも美味しく飲めます。

まずはこの新しいお酒エナジーアルコールを基本軸に、次のお酒を選ぶと良いでしょう。インスタやツイッターなどでも写真映えするので、みんなでSNS投稿してみても楽しめるはずです。

ザ・ボタニスト アイラドライジンブルイックラディ

ご紹介するのは、割って飲めるリキュール類です。チューハイ、ドライビール、日本酒、焼酎も良いですが、ここはスタイリッシュにジンを用意してみるのはいかがでしょうか。

近年、クラフトジンといった、小規模な生産者が造るジンが世界的に注目を浴びています。個性的な味わいを楽しめるだけではなく、炭酸水やソーダ、ジュースで割って美味しく飲めるのでとにかくおすすめです。

ザ・ボタニストアイラ ドライジンブルイックラディは、アイラ島で造られる唯一のジンであり、31種類のボタニカルを漬込んだ華やかな味わいです。

人それぞれ、好きな味わいに割って飲むことができますし、アルコール度数も調節可能なので、お酒が強くない方でも安心してお飲みいただけます。 「あぁ、それ知ってる」という定番酒ではなく、こういった大人なアイテムを持ち込むことでアナタの株が上がるはずです。

シードル ヴァル・ド・ランス クリュ・ブルトン

クラフトジンを紹介しましたが、ちょっとリキュールは強過ぎるという方には、スパークリングワインのシードル ヴァル・ド・ランス クリュ・ブルトンをおすすめします。

シードルは、リンゴを原料とした醸造酒であり、ワインのリンゴバージョンと思えば取っ付きやすいかもしれません。リンゴの持つフレッシュで爽やかな酸、そして甘み、まろやかさ。 ワインのように渋みが無いので、ワインがちょっと苦手な方でもスイスイと飲めるところがお手柄です。

このシードルは、フランス・ブルターニュ地方産のりんご100%使用なだけではなく、なんと30種類のリンゴがブレンドされています。ただ、リンゴジュースにアルコールが入ったという感覚ではなく、複雑性のある大人な味わいですのでお酒好きの方も納得してくれるはずです。

リンゴはバーベキューで良く食べられる肉類にもピッタリですし、海鮮系にも合わせやすいのが特徴です。女性も飲みやすく、キンキンに冷やして楽しんでいただきたい1本です。

グレイグース

ビーチ&バーベキューといえば、もうウォッカは外せません。20代だからといって、軽めのカジュアルなお酒を選んでいては、楽しい夏は過ごすことができません。

ソーダ、ジュース、他のリキュールと合わせた大人のアレンジが楽しめるウォッカは、20代でも必ず満足できる1本です。グレイグースの魅力は、まずそのヴィジュアル。清涼感のあるクリアな見た目にシャープなボトルは、夏のビーチにピッタリとハマり、SNSにおしゃれな写真を投稿することができます。

また、グレイグース ル・フィズやスクリュードライバー、グレイグース・ル・オランジェスタウトなど、スタイリッシュなカクテルも手軽につくれるのでおすすめです。

肉の脂をスパっと切ってくれるアルコールの強さと爽快感があるので、口の中が疲れず食も進みます。ぜひ、ちょっぴりスタイリッシュな夏を楽しみたい20代の方はグレイグースをチョイスしてみてください。

フォトジェニックなお酒を楽しむ

20代が夏のビーチやバーベキューでお酒を楽しむのであれば、フォトジェニックなお酒が必須です。 SNSにアップしたり、日常から離れた雰囲気を演出してくれるのは、今回紹介したようなスタイリッシュなお酒たちです。二人でも、大勢でも楽しめるような、オシャレな1本を選んでみてください。

《厳選4つ》成人した彼氏が喜ぶお酒のプレゼントおすすめ

お酒は20歳から。よく、このキャッチコピーを、目に、耳にすることは多いと思います。 20歳はまだまだ子どもとは言われていますが、なんといってもお酒が飲める年齢となっているだけあり、大人の階段を上る一歩を踏み出すことができる素晴らしい年齢だと思っています。

さて、そんな成人を迎えた彼を持つ女性にとってみれば、お祝いのお酒はちょっと気が利いたものを送りたいところです。ここでは、成人した彼に喜ばれるとってきのお酒を3点ご紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

エナジーアルコール飲料「SPASAスパサ」

おしゃれな彼にぴったりの新しいお酒のエナジーアルコール飲料がおすすめです。エナジー全開で、これからの彼の船出を祝う為にふさわしいお酒です。

プレゼントにもぴったりな6本セットで、振る舞いの手料理と共に二人で頂くのも良さそうです。気になる味は、お酒嫌いの人にも飲みやすいので、プレゼントでハズレがなく近年のあまりお酒を飲まない若い子にはぴったりです。

お酒のコンセプトが「自分の侍を呼び起こせ」というだけあってのパッケージもちょっとイカついイメージ、成人した彼に、大人の自覚を持って情熱を持って歩んで欲しいという男勝りのブランドも彼にプレゼントするのにふさわしいですね。

 

ニュービギニングス シャルドネ 2016

ワインをプレゼントするのはいかがでしょうか。とはいえ、ありきたりのボルドーやブルゴーニュ、シャンパーニュのワインを送るのでは芸がありません。

ここは、今大注目されているワイン産地「南アフリカ」のニュービギニングス シャルドネ 2016をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。このワインは、南アフリカで初の黒人たちが起ち上げたワイナリーであり、まさにニュービギニングスの名に相応しい、スタートを意味する1本です。

成人を迎え、大人として社会と関わっていく彼は、ある意味では子どもの頃とは違う、社会の荒波を渡って行くこととなります。そんな大人へと生まれ変わった彼に向けて、 ファイト!の意味を込めて、ニュービギニングス シャルドネを送ってみてください。

ちなみに、南アフリカは天候の条件が良く健全なブドウが育ちやすい産地です。 シャルドネの本場であるブルゴーニュ地方に比べても厚みがあり、トロピカルフルーツ、ナッツ系の香りがしっかりとあります。酸度もしっかりとしているので、食事にもピッタリ。アナタの手料理とニュービギニングス シャルドネで彼を祝ってあげましょう。

新政 No.6 Xタイプ 【純米大吟醸 生原酒】 煌きラベル

今、日本酒界で大注目されている超おしゃれラベルの日本酒が、新政 No.6です。ナンバリングされたシンプルなラベルは、ワインかと見間違えるほどの洗練さを持っています。

こちらは、純米大吟醸といって酒造好適米を削りに削り、雑味をほとんどなくしたクリーンな味わいの高級酒です。ちなみに、この6という文字は「6号酵母」という意味で、全て若手杜氏からつくられた日本酒です。

成人を迎えた彼と変わらない年齢の杜氏が、命をかけてつくったこのお酒を飲めば、彼も一念発起してくれるはず。同世代がつくるオシャレで人気のお酒をプレゼントすることで、彼も大人の階段をしっかりと踏みしめて歩き続ける、そんな決心をしてくれるのではないでしょうか。

白隠正宗 誉富士純米酒

可愛らしいラベル文字が特徴の静岡県の銘酒、白隠正宗の誉富士純米酒です。一見、一般的な日本酒にも見えますが、実はここの社長が凄い人なんです。

日本酒というとオヤジ臭いという印象をまだ持つ方もいますが、白隠正宗の社長はなんとアンダーグラウンドシーンでDJを20年やってきた、サブカルな男性なのです。 自分が美味しいと思える日本酒以外はつくらない、徹底した哲学のものつくられている、まさにこだわりの日本酒なのです。

オシャレな仕事=日本の伝統では無い仕事、という発想がまだまだ若いうちはありますが、本当にかっこういいことは、自国の文化を守り続ける男達ということを、このお酒をプレゼントして知ってもらいましょう。

心に響くお酒をプレゼントしよう!

成人を迎えた彼にプレゼントするのであれば、いかにも「若者向け」というお酒はNG。ストーリーのあるお酒を知り、そして味わうことで、ぐっと他の男性とは違った魅力を持つはずです。成人を迎えた、もう子どもでは無い彼氏。みんなに自慢したくなる、そんな男になってもらいましょう。

母の日にプレゼントしたい|30代の母親ママへのお酒《厳選3つ》

1年に1度、母に感謝できる日が母の日です。普段、「なかなか普段は気恥ずかしくて、アリガトウと言えないそこのお父さん。」この日にぜひプレゼントと共にその気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。すいません、若干煽り気味の本記事ですw

本題の、母の日ですが、30代のお母さんママにはどんなお酒が良いか悩んでしまう方も多いでしょう。 あまり渋過ぎるものも早い気がするし、若い感じのお酒もちょっと…と、なかなかその焦点が絞れない方も少なくはないでしょう。

今回、ここでは30代の母親に贈りたいお酒3つを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

ギフトBOX入り「馨和 KAGUA」Blanc & Rouge 2本セット

 

30代の母にお酒をプレゼントしたいけれど、あまり強いお酒が好きではないという場合、クラフトビールのセットはいかがでしょうか。

ここで紹介する「馨和 KAGUA」は、和をイメージさせたパッケージラベルにギフト感のあるボックスつきですので、母の日のプレゼントにピッタリ。 なんと、山椒やゆずが使用されているスパイシーなクラフトビールであり、赤、白と色合いも違うのでグラスに注いだ時の表情の違いも楽しむことができます。

普段、忙しい30代の母親にゆっくりしてもらうために、普段より品質の高いビールをプレゼントするのは、まさにプレミアムです。

スパイシーな味わいですので、案外柿の種などのお菓子系にも合わせやすく、ソファの背もたれによりかかりながら、ビールの入ったグラス片手にお菓子をポリポリといった、ちょっぴり優雅な時間を演出してくれます。母親のお気に入りのDVDも一緒にプレゼントして、贅沢な時間をプレゼントしてあげてください。

 

 

キスヴィン 甲州 スパークリング

ワインがお好きな方でも、余り詳しくない方でも、納得できるのが日本ワイン。日本人の舌にあった、優しく繊細な味わいが特徴的です。

さらに、30代の母親にプレゼントするであれば、やっぱり女性人気NO.1のスパークリングワインがおすすめ。 洋食、和食、中華など、どんな料理にも合わせやすく食卓も華やかな印象に演出してくれます。

ちなみに、何故にこのキスヴィンというワイナリーのワインがおすすめかというと、こちらのワインの醸造家は女性なのです。フランスのシャブリで修行をした女性醸造家が、自分の納得する味わいを追求し続けて造られているワインなのです。

ちなみに、キスヴィンはヴィンヤード(畑)にキスをする、という造語だそうで、こういった素敵なエピソードも交えて伝えるとより喜びが増すはずですよ。

 

吟香鳥飼 球磨焼酎(米)

30代の母親はけっこうなお酒好き。そういった方であれば、鳥飼をおすすめします。焼酎の中でも比較的ファーストエントリー向けといわれているのが、米焼酎ですが、鳥飼は特に吟香と謳っているだけあり香り素晴らしくフルーティー。

洗練されたラベルにすらっとした白色のボトル、癖の無く飲み飽きしないスッキリとした味わいは、酒好きの母親もリピート必至です。

焼酎というと、肉類の料理といったイメージですが、こちらの米焼酎は日本酒に近いテイストなので、魚介類にも合わせやすいです。 普段、頑張っている母親のために、いろいろな料理をつくってあげて、鳥飼でおもてなししてみてください。ほろ酔い気分の時に感謝の気持ちと花束をプレゼントすれば、思わず涙してくれるかも…しれません。

ラベルにもこだわって!

30代の母にプレゼントするのであれば、美味しさももちろんですが、ちょっぴりラベルデザインにこだわっても良いでしょう。

オシャレなお酒を貰うだけでも、凄く自分のことを考えてくれていた、という気持ちが伝わるはずです。大切なのは、アナタが母親を思いながらお酒を選んだこと。ぜひ、今回のワインや日本酒、焼酎を検討してみてください。

母の日にプレゼントしたい|50代母親向けのお酒《後編》

子育ても一段落し、ちょっとづつ自分の時間を楽しみ出すのが50代。今まで迷惑ばかりかけてしまった母親に、少しだけでも日々感謝の気持ちは伝え続けたいものです。

さて、そんな50代の母親に感謝を伝えるのであれば、母の日にお酒と一緒に思いを伝えてみてはいかがでしょうか。 50代ともなると、少し体のことを考えた、優しく美味しいお酒がおすすめです。では早速、50代の母親にプレゼントしたお酒3つを紹介していきましょう。 

前編の下記のページでは、3500円以下でお買い求めしやすい、50代の母親向けの母の日のプレゼントにぴったりなお酒を紹介しています。こちらも是非ご参考にしてみて下さい。

母の日にプレゼントしたい|50代母親向けのお酒《前編》

満寿泉 純米大吟醸 スペシャル ワインボトル

母は日本酒が好きなんだけれども、ラベルがちょっとオヤジ臭い…。素敵な母の日のシーンを演出したい時、日本酒は美味しいのだけれども、こんなヴィジュアル面で悩んでしまうような方は少なくはありません。

そんな方におすすめしたいのが、満寿泉 純米大吟醸 スペシャル ワインボトルです。富山県にある桝田酒造店がつくりあげた、珍しい日本酒なのですが、なんとシェリー樽で仕込んだ日本酒であり、ボトルも完全にワインなのです。

さらに、母親もご家族もビックリすると思うのですが、コルクが使われています。そのため、保管をする時は横に寝かすといった、まさにワインと同じ扱いをすべき日本酒なのです。味わいは、やや古酒のテイストを持っているので、和洋中全ての料理に合います。 母親を囲んで、おしゃれな母の日の写真を撮影したい方には本当にピッタリな、フォトジェニックなお酒です。

シュロス・ゴベルスブルク リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼ

ちょっと、名前が長くて大変ですが、ドイツの誇る素晴らしい貴腐ワイン、シュロス・ゴベルスブルク リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼは50代の母親にはとてもおすすめな一本です。

貴腐ワインとは、貴腐ブドウと呼ばれている、糖度を思いっきり上げたブドウを使用した、贅沢中の贅沢なワインです。高級なものになると、1本の樹から1本のワインしかつくらず、その価格は数十万円を超えるものもあるほどです。

細いボトルもオシャレですし、テーブルに華を添えてくれます。さらに、割って飲むこともできますし、食事の後のちょっとした語らいの時間にもおすすめの味わいです。

貴腐ワインは、スイーツにも合わせやすく、母と子のスイーツタイムにも活躍します。母親のために厳選した極上スイーツと共に、感謝の気持ちを述べる時間をシュロス・ゴベルスブルク リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼでつくってみてはいかがでしょうか。

 

 

醸し人九平次 別誂 純米大吟 山田錦

グルメな母親であるのであれば、日本が誇る最高峰の一本、醸し人九平次 別誂 純米大吟 山田錦をプレゼントされるのはいかがでしょうか。パリの星付きレストランでも提供されている、今や入手困難となった醸し人九平次。

洗練されたフルーティーな香りはもちろんのこと、まろやかでふくよかな、女性らしさを感じさせる口当たりもたまりません。お寿司などの魚介類の料理には特に日本酒は合いますので、お酒を持ち込みできるような店鋪でプレゼントとしても良いかもしれません。

もちろん、フレンチやイタリアン、中華にもピッタリですし、大人が喜ぶお酒ですので写真映えもします。 グルメだけれども、ちょっとお酒は強くないという母親でも、日本酒の純米吟醸であればとっつきやすく、美味しくお飲みいただけます。

ぜひ、日本の誇る「味」をつまみに、母の日に感謝の気持ちもプレゼントしてください。

飲みやすさと高級感

50代の母親にお酒をプレゼントするであれば、飲みやすさはもちろんですが、高級感も大切にしましょう。 普段、あまりできないようなちょっとした贅沢をプレゼントすることも、親孝行のひとつです。ぜひ、母の日に感謝の言葉とともに、美味しい素敵なお酒をプレゼントしてみてください。

 

前編の下記のページでは、3500円以下でお買い求めしやすい、50代の母親向けの母の日のプレゼントにぴったりなお酒を紹介しています。こちらも是非ご参考にしてみて下さい。

母の日にプレゼントしたい|50代母親向けのお酒《前編》

母の日にプレゼントしたい|50代母親向けのお酒《前編》

大人になってくればなるほどに、自分の母の偉大さに気付くようになります。立派な人物ではないけれど、それなりに人様にも大切にされる人間となれたのも、全て母親のおかげ…。

 

こういった、感謝の気持ちは常に持ち合わせていたものです。さて、そんな気持ちを伝えるのであれば、母の日にプレゼントと一緒に伝えてみるのはいかがでしょうか。 特に、お酒好きの母親であれば、お酒のプレゼントはとっても喜んでくれるはず。

今回、3500円以下でお買い求めしやすい50代の母親に向けて母の日にプレゼントしたい、おすすめのお酒を3つ紹介しましょう。

 

後編の下記のページでは、4000円以上でちょっとリッチな50代の母親向けの母の日のプレゼントにぴったりなお酒を紹介しています。こちらも是非ご参考にしてみて下さい。

母の日にプレゼントしたい|50代母親向けのお酒《後編》

 

萬歳楽加賀梅酒五年熟成

大人の女性になればなるほどに、本物の梅酒の味わいが分かってきます。大量生産のものではなく、じっくりと最高の梅を原料にしてつくられる梅酒の味わいは、日本人であれば琴線に必ず触れる最高の時間を演出してくれます。

そこで、50代の母親にぜひおすすめしたいのが、萬歳楽加賀梅酒五年熟成 です。ボトルも丸みがあり可愛らしく、ちょっとおめでたい雰囲気の佇まいが魅力です。北陸の紅映梅、霊峰白山の自然水を使用した昔ながらの自然水を使用しており、体にも心にも優しい逸品として知られています。

また、5年熟成で仕上げられていることからも、味わいがトロっとしており、そのままはもちろん、ソーダ割りや水割り、ロックなど、さまざまなアレンジを利かせることができます。

50代の母親であれば、自分の好きな飲み方なども決まっているかもしれませんので、幅広く自分らしくお飲みいただける梅酒のようなお酒をプレゼントすると良いのではないでしょうか。

 

シレーニ エステート・セレクション・プラトー・ピノ・ノワール

ワイン好きの母親であれば、今注目されている美味しいワインをプレゼントすることをおすすめします。 シレーニ エステート・セレクション・プラトー・ピノ・ノワール は、ニュージーランドの赤ワインですが、今ニュージーランドのピノノワールが…アツいんです。

ブルゴーニュ系のエレガントな味わいによせており、恐らくこのレベルをブルゴーニュでつくったら、数万円を超えるのではないでしょうか。 ラベルもシンプルであり、大人の女性にはピッタリのワインです。また、タンニンが柔らかく、滑らかでシルキーな飲み心地なので、女性にも好まれる味わいとなっています。

ちょっぴり腕によりをかけた洋食料理にもピッタリですし、和食ともピノノワールは喧嘩しません。日頃の感謝とプラスして、母親が「こんなものを子どもからもらっちゃった!」と、自慢できるような、そんな素晴らしいワインです。

 

 

メローコヅル磨3年熟成

母親はけっこうお酒が好きで、オシャレさよりもガッツリ旨味が乗ったお酒が好き。そういった方であれば、メローコヅル磨3年熟成をおすすめします。

毎回、ユニークな焼酎づくりを行う小正酒造が送る、熟成させた特別感溢れた焼酎です。 オシャレ感はいらないといいながらも、黄金色の液体が分かるような透明ボトルに、ウイスキー風のラベルが貼られておりとってもフォトジェニック。

それでもって、味わいも本格的とくれば母親も必ず満足してくれるハズです。 いくつもの樫樽貯蔵原酒をブレンドしたことで、複雑性のあじわいに仕上げていますので、ご飯と一緒でなくとも、食後の語らいの時間のお供としてもおすすめ。

ちょっぴり酔いがまわってきた頃に、普段はいえない母親への感謝の気持ちを述べてみてはいかがでしょうか。

 

 

50代の母親に品質も考慮

50歳の母親にお酒をプレゼントするであれば、オシャレ感も大切ですが、品質の高さもポイントにいれても良いでしょう。今回は、3500円以下でお買い求めしやすい、50代の母親へのお酒のプレゼントをご紹介しました。また、母の日が終わった後に、個人的にリピートしたくなるような、そんな価格帯や味わいを考慮して選ぶと良いのではないでしょうか。

 

後編の下記のページでは、4000円以上でちょっとリッチな50代の母親向けの母の日のプレゼントにぴったりなお酒を紹介しています。こちらも是非ご参考にしてみて下さい。

母の日にプレゼントしたい|50代母親向けのお酒《後編》

【厳選】母の日にプレゼントしたい素敵なおすすめワイン3本

いつもお世話になってる母親への感謝の言葉…。普段、何気なく伝えられればよいのですが、なかなか気恥ずかしさやタイミングが無く、何もできないままで過ごしている方は少なくはないでしょう。

そんな方に、1年に1度だけチャンスが到来する日があります。それが、母の日です。今回は、母親への感謝の気持ちと共に、素敵なワインを贈ってみるのはいかがでしょうか。

母の日にプレゼントしたい、素敵なワインたちを紹介します。

LOLEA

LOLEA/ポップなデザインが可愛いサングリア

 

 

LOLEAは、スペイン産のサングリアです。まず、母の日にプレゼントというと、気合いを入れてしまって本格的な赤ワインをプレゼントしてしまいがちです。

しかし、赤ワインはカベルネソーヴィニヨン、さらにピノノワールなど品種によって味わいのスタイルが違いますし、年代によっても口当たりが違い好みが分かれます。

サングリアは、混成酒であり、フルーティーで飲みやすいことが前提ですので、お酒が飲める女性の方なら必ず喜んでもらえる味わいです。

ちなみに、LOLEAは赤、白と用意されており、赤ワインベースがシナモンフレーバー、白ワインベースに天然果汁とバニラフレーバーが加えられています。 また、パッケージにも注目してみてください。 キュートなドットを全体に配した、ポップでクラシカルな佇まいが母の視線を奪います。

「Estudio Versus」というスペインのデザイン会社に在籍する二人のデザイナーがデザインを手掛けており、ギフトにはぴったりの出で立ちです。 母の日のプレゼントですので、これに花を添えても可愛いのではないでしょうか。

微発砲、アルコール度数も低めですので、本格的なワインが苦手な方でも飲みやすいのでおすすめの1本です。

 

てぐみ

てぐみ/酸化防止剤無添加の体にも優しい日本産ワイン

 

 

京都の丹波ワインで造られている発泡性ワイン、『でぐみ』。生食用でも食べられるデラウェアを原材料に使用している、日本ワインらしい優しい味わいの1本です。 日本で造られているブドウですので安心感がありますし、繊細な味わいですので、普段ワインを飲まない女性にもおすすめです。

炭酸ガスがワイン中に溶け込んでいるスパークリングですが、気圧は低く、口当たりの良い炭酸です。 てぐみは澱引きをしていないことからブドウ本来の旨味、甘みを楽しむことができ、滋味な味わいと華やかな口当たりの、両方を楽しめます。

オシャレなワインが多く手に入る今、こういった日本産のワインを選ぶことで、真剣に母親が自分のために考えてくれたのだと分かってくれる一本です。

ちなみにてぐみは亜硫酸塩を使っていない、酸化防止剤無添加ワインです。いつまでも長生きしてほしいという、母親の体をいたわる子の気持ちもきっと伝えることができるでしょう。

1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)

ウ メス ウ ファン トレス母の日用ワイン

ウ メス ウ ファン トレス母の日用ワイン

 

 

シャンパーニュと同じ製法で造られながらも、比較的カジュアルな価格で楽しめることで人気のスペインのCAVA。母親がちょっぴりワイン通であれば、ぜひ1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)をおすすさせてください。

最高のブドウの上質な果汁だけを使い、CAVAで定められている最低熟成期間の9ヶ月を遥かに超える、15ヶ月の熟成にて造られる、こだわりにこだわった1本となっています。

辛口タイプとなっており、この日ののために母へ提供するさまざまな食事に合わせやすい一本です。 中華、洋食、和食など、母親に贈る大切な食卓の時間のお供にピッタリです。

また、母の日におすすめしたい理由が、このラベル。1+1=3という意味ありげななこの文字は、1と1が合わさっても2ではなく、3になって膨れ上がって行くという意味合いを持ちます。

つまり、私と母という二人だけの間での贈り物ではありますが、それは2ではなく、3へと膨らみ、どんどん大きな幸せへと繋がっていくという意味を持つのです。

母の日には相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶ

母の日に限ったことではありませんが、やはり相手の喜ぶ顔を想像しながらワインをチョイスすることが、何よりもプレゼント成功の秘訣です。適当に選ぶのではなく、こういったチャンスを活かして、じっくりと選んでみてください。母親の笑顔のためにワインを選んだ時間こそ、大切なプレゼントなのです。。