キャンプを楽しくするお酒4選|夏のおすすめ

皆んなを驚かせよう!キャンプを楽しくするお酒 大自然のなかで思いっきり遊びたいのであれば、やっぱりおすすめは何といってもキャンプです。

今でこそ、キャンプ用の用品をはじめ、食品からお酒まで全てが揃ったプランを用意している場所もありますが、思いっきり夏のキャンプを楽しむのであれば、せめてお酒は持ち込みしたいところ。

今回、そんなキャンプにピッタリの皆を驚かすことができるお酒を4つ紹介したいと思います。美味しいだけではなく、そのストーリー性も語ることでよりキャンプが盛り上がります。では、早速いってみましょう。

エナジーアルコール・スパサ

まず最初にご紹介するのは、コンビニ・スーパー非売品でSNSなどを中心に今人気のお酒エナジードリンクのお酒です。キャンプで喜ばれること間違いなしです

普段はチューハイを好む私でも、味がどストライクなので飲みやすさ満点です。お酒を飲まないという女子にこそ、評判がいいのがこのスパサの特徴です。

バーでは新乾杯の一本となっているので、これがあれば間違いないです。SNSなどでもも写真映えするので、スパサ片手にキャンプの写真を撮ってみんなに自慢しちゃいましょう。

 

 

ブリュードッグ缶6種12缶セット12本セット

キャンプといえばまずはビールで乾杯、といきたいところですが、定番のドライビールというのも何となく味気ない。

そこで、驚かれること間違い無しの、かなりパンチの聞いたIPAビールをご用意いたしました。 それが、ブリュードッグです。このビールメーカーは、なんと戦車やヘリ、本物の動物からつくった剥製を瓶に見立てたビールを発売させるなど、常に話題となっている要注意メーカーです。

イギリスの大手ビールメーカーの退屈なビールだけではなく、本当においしくて面白いビールをつくりたいという、二人の青年が起ち上げたメーカーであり、今ではクラフトビール界でも一目置かれる存在となっています。

今回のハーフパイントセットは、さまざまな味わいが揃っており、飲み比べできるところがポイントです。エルビスジュースパンクIPA、ジャックハマー、ハードコアIPAといった、ブリュードッグファンお馴染みの定番アイテムが贅沢に12本入っています。

モルトから醸造工程まで、こだわりにこだわった至極の逸品となっています。ちょっとしたゲームの商品として扱っても面白いのではないでしょうか。

 

 

 

ヒトミワイナリーh3-Caribou白田舎式微発泡にごりワイン

微発砲ワインは、男性女性問わず大人気のお酒です。とはいえ、フランスやイタリアなどの定番ワイン産地の微発砲では面白くありません。なんと、このヒトミワイナリーは滋賀県にあるワイナリーです。

さらに、使用されているブドウは、生食用として馴染み深い「デラウェア」なのです。ボトルもシックでおしゃれなので、お酒がさほど強くない女性がいるキャンプでは絶対に喜ばれます。 また、ポイントなのが肉料理、魚料理共に相性が良いところ。

キャンプの醍醐味といえば、バーベキューでもあるので、それに合ったお酒は絶対必要です。手軽なワインを持ってきた…と、言いながらカップに注ぎ、飲んだら美味しくて皆驚いた!ということもあり得ます。

滋賀県というキーワードやデラウェアをダシにして、ワイン通を気取ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

ビターバスターズ スイートオレンジ・ビター

キャンプで驚かれるお酒といえば、味わいの良さ、個性の強さ、見た目のインパクトです。この3つが揃っているお酒として紹介したいのが、ビターバスターズ スイートオレンジ・ビターです。 まず、ボトルが化粧品風のスポイトキャップというユニークなビジュアル。

クラシカルな雰囲気のラベルデザインも、自然のど真ん中でのキャンプというシチュエーションにピッタリです。

さらに、ゲンチアナという天然の苦み成分を使用したことで、ぐっとビターで大人の味わいとなっています

ラムをベースにオレンジを使用するなど、味わいもとにかく個性的です。「ゲンチアリテイラー・オブ・ザ・イヤー」という権威あるウイスキーの賞の受賞経験も持つ、本格派の味わいもポイント。強烈な個性と味の良さに酔いしれる、最高の夜になりそうです。

 

個性を重視しよう

屋外、キャンプ、大自然…。こういった開放的なシチュエーションですので、持ち込むお酒は個性を重視した、皆のテンションが上がるようなお酒を用意しましょう。 自分が面白いと思っている…というのもアリですが、できれば皆が楽しめるような、そんな気持ちでお酒を選ぶと良いのではないでしょうか。

20代の夏|ビーチやバーベキューにおすすめなお酒4選

1年のなかで、一番夏が好きという方は少なくは無いかもしれません。特に、20代ともなればまだまだ勢いがあり、この季節に日常を忘れて思いっきり楽しみたいという方は多いでしょう。

さて、そんな夏の思い出作りをするのであれば、ビーチやバーベキューというシチュエーションが選ばれることが多いようです。

そこにお酒は欠かせないアイテムですが、ありきたりのお酒をチョイスするのでは、あまりにも芸がありません。今回、ここではデキる人に思われる、20代におすすめのお酒を紹介しましょう。ぜひ、参考にしてみくてださい。

エナジーアルコール・スパサ

一番初めにご紹介するのは、おしゃれな20代に今大人気のお酒エナジードリンクのお酒です。程よく酔えてかっこよく決まるエナジーアルコール飲料はいかがでしょうか?

夏のアウトドアでは大勢の方が集まることも多く、人それぞれの好みに合わせるのは難しいです。そして、お酒があまり飲めないなんて方も、、、それでも間違いないのがこのお酒です。

バーベキューの肉感にはぴったりで、お酒としてもカルピスや焼酎と割って飲んでも美味しく飲めます。

まずはこの新しいお酒エナジーアルコールを基本軸に、次のお酒を選ぶと良いでしょう。インスタやツイッターなどでも写真映えするので、みんなでSNS投稿してみても楽しめるはずです。

ザ・ボタニスト アイラドライジンブルイックラディ

ご紹介するのは、割って飲めるリキュール類です。チューハイ、ドライビール、日本酒、焼酎も良いですが、ここはスタイリッシュにジンを用意してみるのはいかがでしょうか。

近年、クラフトジンといった、小規模な生産者が造るジンが世界的に注目を浴びています。個性的な味わいを楽しめるだけではなく、炭酸水やソーダ、ジュースで割って美味しく飲めるのでとにかくおすすめです。

ザ・ボタニストアイラ ドライジンブルイックラディは、アイラ島で造られる唯一のジンであり、31種類のボタニカルを漬込んだ華やかな味わいです。

人それぞれ、好きな味わいに割って飲むことができますし、アルコール度数も調節可能なので、お酒が強くない方でも安心してお飲みいただけます。 「あぁ、それ知ってる」という定番酒ではなく、こういった大人なアイテムを持ち込むことでアナタの株が上がるはずです。

シードル ヴァル・ド・ランス クリュ・ブルトン

クラフトジンを紹介しましたが、ちょっとリキュールは強過ぎるという方には、スパークリングワインのシードル ヴァル・ド・ランス クリュ・ブルトンをおすすめします。

シードルは、リンゴを原料とした醸造酒であり、ワインのリンゴバージョンと思えば取っ付きやすいかもしれません。リンゴの持つフレッシュで爽やかな酸、そして甘み、まろやかさ。 ワインのように渋みが無いので、ワインがちょっと苦手な方でもスイスイと飲めるところがお手柄です。

このシードルは、フランス・ブルターニュ地方産のりんご100%使用なだけではなく、なんと30種類のリンゴがブレンドされています。ただ、リンゴジュースにアルコールが入ったという感覚ではなく、複雑性のある大人な味わいですのでお酒好きの方も納得してくれるはずです。

リンゴはバーベキューで良く食べられる肉類にもピッタリですし、海鮮系にも合わせやすいのが特徴です。女性も飲みやすく、キンキンに冷やして楽しんでいただきたい1本です。

グレイグース

ビーチ&バーベキューといえば、もうウォッカは外せません。20代だからといって、軽めのカジュアルなお酒を選んでいては、楽しい夏は過ごすことができません。

ソーダ、ジュース、他のリキュールと合わせた大人のアレンジが楽しめるウォッカは、20代でも必ず満足できる1本です。グレイグースの魅力は、まずそのヴィジュアル。清涼感のあるクリアな見た目にシャープなボトルは、夏のビーチにピッタリとハマり、SNSにおしゃれな写真を投稿することができます。

また、グレイグース ル・フィズやスクリュードライバー、グレイグース・ル・オランジェスタウトなど、スタイリッシュなカクテルも手軽につくれるのでおすすめです。

肉の脂をスパっと切ってくれるアルコールの強さと爽快感があるので、口の中が疲れず食も進みます。ぜひ、ちょっぴりスタイリッシュな夏を楽しみたい20代の方はグレイグースをチョイスしてみてください。

フォトジェニックなお酒を楽しむ

20代が夏のビーチやバーベキューでお酒を楽しむのであれば、フォトジェニックなお酒が必須です。 SNSにアップしたり、日常から離れた雰囲気を演出してくれるのは、今回紹介したようなスタイリッシュなお酒たちです。二人でも、大勢でも楽しめるような、オシャレな1本を選んでみてください。